ホームセキュリティは賢いのか?

大うつけは馬鹿じゃない
ホームセキュリティーについて知っている情報を吐き出しました。

ホームセキュリティとは

ホームセキュリティは自宅を様々なものから守るための仕組みの一つです。代表的なものとしては、空き巣や強盗といった住宅侵入犯罪や、不在時の火災やガス漏れなどによる事故などがあげられます。従来は住宅を守るための仕組みといわれてきましたが、住宅だけではなくその住宅で暮らす人を守るためのシステムとしても働いています。ホームセキュリティに加入することによって、センサなどのホームセキュリティ機器を設置され、万が一異常がある場合にはセキュリティ会社に通報される仕組みで、セキュリティ会社によってはガードマンが駆けつけてくれます。

ですが、警察とは異なるため、万が一住宅侵入犯罪が行われていた場合などには、ガードマンが駆けつけてまずは住宅に異常がないかをかくにんし、異常を発見した場合には警察に通報を行うといったものになります。火災やガス漏れについても、センサが反応をするとセキュリティ会社に通報されて、セキュリティ会社が消防局やガス会社にたいして通報を行うといたことが行われます。セキュリティ会社は以上により駆けつけるのに要する時間は25分以内と法律により定められています。

ホームセキュリティがストーカー対策になる

近年ストーカー被害に悩んでいるという人は増え、中には殺人事件など痛ましい事件に発展してしまうといった事例も増えてきています。万が一ストーカー被害にあっている場合や、ストーカーの不安を抱えているという場合には、ホームセキュリティが役立つケースがあります。ホームセキュリティでは、自宅を守るだけではなく、盗聴や盗撮といった被害から守るために自宅内に盗聴器や盗撮のためのカメラが設置されていないかといったことをチェックするというサービスも行っています。

また、自宅のドアの戸締りだけではなく、補助錠を利用したセキュリティ対策や、センサーライトを設置することによってストーカーを威嚇するといった方法で、自宅内にストーカーが侵入することを防ぐといったことも行っています。外出中に自らの身を守るために、防犯ブザーなどの部販グッズのレンタルや販売といったことも行われています。セキュリティ会社によっては専用の端末を用いて、万が一の場合にはガードマンが駆けつけるサービスを実施していたり、見守りサービスを行うというものもあります。

ホームネットワークシステムとは

ホームネットワークシステムは、室内外に設置したカメラをインターネットを経由してスマートホンなどで外出先でも確認することが出来る仕組みです。Wi-Fiなどの無線LANシステムを利用して、自宅の室内外に設置したカメラが映し出す画像を、外出先に専用アプリをインストールしたスマホで確認をすることによって、留守番をしている子供の様子やペットの様子、遠隔地に住んでいる高齢者の様子を確認することが出来たり、通話可能な専用カメラを利用したりすることによって、遠隔地から会話をすることも可能になっています。

その他にもセンサを設置することで住宅侵入犯罪を抑止する効果があったり、センサライトを点灯させることで外部からの侵入者を威嚇したりすることもホームネットワークシステムを利用して行うことが可能です。カメラを設置することでプライバシーが侵害されてしまうといった心配がある場合には、人感センサを取り付けて人の動きを確認するといった方法で安否確認を行うという方法もホームネットワークシステムで粉うことが可能になっています。さまざまな方法で、住宅内外の様子、そこに住む人の様子を確認することが出来るのが、このホームネットワークシステムです。

スマートホームとは

スマートホームは住宅内の家電などをネットワークでつなぎ、その使用状況などを一元化して管理し、制御などを行うことが出来る住宅のことになります。まずは住宅内でどのくらいの電力が消費されているかということを見える化する、といったモニタリング機能を利用することが多く、次第にここからエネルギーの使用を最適化していき、最終的にライフスタイルに合わせて制御を行っていくということを目指していきます。

一元管理が可能になると、スマートホームでは家電だけではなく、玄関のカギや窓などにセンサを設置して就寝前にしっかりと施錠が出来ているのかを確認し、住宅内の照明が消えているかといったことをタブレット端末などで一元管理をすることが出来るようになります。

場合によってはこのタブレット端末から施錠を行うことや照明を消すといった制御を行うことも可能になってきます。現在ここまでの制御が可能なスマートホームは実現が難しいことになっていますが、エネルギー管理に着目している住宅を指してスマートホームと呼ばれることが多くなっている状態になっています。

◎レビュー

◎レビュー

Copyright (c) 2017 大うつけは馬鹿じゃない All rights reserved.