中華一番の最終回とあらすじなど

大うつけは馬鹿じゃない
中華一番の最終回やあらすじなどを紹介します。

中華一番とは

「中華一番!」は週刊少年マガジンで1995年から1999年まで連載をされていた小川悦司さんが描いたまんがであり、テレビアニメや実写化ドラマ(中国にて製作・放映)などもされた作品になっています。中華一番!は前期と後期に分けることが出来、前期にあたる中華一番!は、天才料理人である母を持っている主人公のリュウ・マオシンの成長を描く作品であったのに対して、後期にあたる真・中華一番!は中国各地で料理対決を行う冒険まんがとなっていました。

この中華一番!の舞台となっているのは清朝末期である19世紀です。四川省に住むリュウ・マオシン(劉昴星)が、中国料理界の最高位である特級厨師になるための修行として広東省の広州にある陽泉酒家に行き、そこで様々な料理人と出会うことで、料理人として、そして人として成長していく過程がえがかれています。料理は人を幸せにするという信念のもと、ひたすらに料理に情熱を傾ける主人公であるリュウ・マオシンの成長と、数々の難題をクリアし、最年少の特級厨師となるまでの話が前半で、真・中華一番!はその後伝説の厨具を集める旅になっています。

中華一番の漫画とアニメの感想

中華一番!の漫画とアニメのそれぞれの感想をチェックしてみましょう。まず漫画ですが、料理漫画はいろいろあるものの、中華料理に限定している点、部隊が中国全土を料理バトルをしながら旅をするという点が独特だと感じた問い方は多くいます。調理法などもかなり現実にはあり得ない部分などもあり、漫画として面白いと感じます。

奇抜な点は多々ありますが、漫画らしい作品ということもできるという感想を持つ方もいます。一方でアニメですが、料理のシーンは実に店舗がよくいい意味でも悪い意味でもダイナミックなのでインパクトがとても強く見ていて楽しさを感じるという人は多くいます。料理が楽しそうと感じたり、王道的なストーリーが安心してみることが出来ると感じている人も多いようです。全体的に見ていて安心感があり、楽しい漫画でありアニメとして作られているという印象は強くなります。ただ、漫画では出てきたキャラクターがアニメでは出てこなかったりしているという点が少し残念という声も聞こえてきています。特に後半になるとこのような傾向は強いようですね。

中華一番のあらすじ

料理漫画としても人気が高い中華一番!のあらすじを紹介していきましょう。19世紀の中国、清王朝末期の時代に、四川省にある菊下楼の料理長の息子、マオこと劉昴星(リュウ・マオシン)が主人公です。

菊下楼は国営菜館で料理長を務めるパイは、特級厨師として認められる女性でした。パイはショウアンという弟子がいて、自らのすべてを伝授し天才料理人として育て上げたものの、そのショウアンの裏切りにより心労から亡くなってしまいます。料理長を失った菊下楼の次の料理長を決めるための試験で、マオはこの試験で非凡な才能を見せ、宮廷料理界の重鎮であるリー提督に見込まれ母と同じように特級厨師になるための修行のために、四川省を離れ広東省広州にある大菜館である陽泉酒家に赴くことになります。

陽泉酒家での厳しい修行の後、マオは史上最年少で特級厨師の資格を得ることになります。特級厨師となったマオは、陽泉酒家の料理長であるルオウ大師により伝説の厨具の存在を知り、母の敵でもあるショウアンら裏料理界との闘いのために旅立ち、勝利していくという内容になっています。

中華一番の最終回とは

料理漫画として人気が高い中華一番!の最終回とはどのような物だったのでしょうか?伝説の厨具を集めていたマオ達一行は、皇帝の御前試合の優勝賞品として探していた伝説の厨具の最後の一つが出されることが分かり、この御前試合に出場することになります。この御前試合には裏料理人のボスも出場しており、料理を食べることで意のままに操ることが出来るという毒料理を作り、皇帝を意のままに操ろうと企みます。

しかし、マオはこの毒料理にたいし、万里の長城のてっぺんから鉄板滑り台の上を転がして作ったという太陽オムライスを供することでこのたくらみを阻止します。伝説の厨具を手に入れることが出来なかった裏料理界のボスは料理以外に使うことでその効力を失うといわれレイル伝説の厨具の上で血を流すことで、伝説の厨具の効果がなくなってしまう。というものでした。なお、アニメ版の中華一番は伝説の厨具を探し行こうというというところで終了しており、漫画版のちょうど中華一番!と真・中華一番!の間で最終回を迎えていました。アニメと漫画ではこのように最終回に違いがあります。

◎レビュー

◎レビュー

Copyright (c) 2017 大うつけは馬鹿じゃない All rights reserved.